まりりん ライフプラン・家計

共働き夫婦の家計管理は3つの落とし穴を知ることと、必須アイテムが鍵

更新日:

共働き夫婦が陥る家計管理・資産形成の落とし穴をご存知でしょうか?
夫婦ともに正社員で働いて収入も多いご家庭ほど、実はお金が足りなくなるリスクが大!!
あなたのうちは大丈夫?

ご夫婦ともに正社員で働くご家庭は、所得が高い世帯も多い。
貯蓄額もそれなりに多かったりしますよね。
でも、落とし穴が沢山あるのです。

落とし穴1ー全体の把握が非常に難しい状況

・家計の口座と、夫婦それぞれの口座、独身の時の貯金口座など、預金口座数が多く全体が把握できていない
・夫婦それぞれのお小遣い(使っている額)がいくらなのか、お互いに知らない
・パートナーの収入も知らない
・生命保険や損害保険に入りすぎている
・支出を夫婦で分担して払っているため、生活費がわかっていない
・思ったようにお金が貯まらないのは、自分ではなくパートナーのせいだと思っている(本当の原因がわかっていない)

全体を把握できないとのデメリットは、かなり大きいです。

そして

落とし穴2-共働きであることの油断と甘さが大きい

・共働きだから、収入が多いので何とかなるだろう
・パートナーが将来のための貯蓄をしているだろう
・二人とも退職金と厚生年金が出るので、老後はそれで充分だろう
・収入が多いのだから、これくらいしても全然大丈夫だろう
(旅行などのレジャーを含め、支出全般)

と思い込みやすい。

落とし穴3-収入が多いメリット以上に、支出が多いことのデメリットが発生

共働き家庭では、奥様も十分な収入を得て家事に育児に忙しく時間を費やしているのですから
夫に遠慮して自分のものは買わない・・・という方は少ないでしょう。
とすると、夫も妻も自分費(お小遣い等)が多いという夫婦も多いのが現実。

妻が多忙を極めていることから食費も高くなりがち。

収入が多い分
支出もとても多く
つまり、生活レベルが高くなっているため将来の老後生活費も勿論高くなるということなのだけど
支出が多いので生活レベルに見合った老後資金を貯めることができない。
収入が多いご家庭では教育費も多くなりがちなので、
一見十分だと思っていた貯蓄は、お子様の大学資金で全て消えてしまう可能性すらあるわけです。

 

妻が専業主婦か扶養の範囲内で働いている「夫メインで収入を得ている家計」と比べると

共働き夫婦の家計管理は難しい、家計の経営にライフプランは必須アイテム!

共働き家計

まずは、
・預金口座の整理と
・夫婦で全体を把握することから始めるのが効率的です。

これができなければ、充分な資産形成は難しいです。
夫や妻に自分の収入やお小遣いを知られたくない方も結構多いと思いますが(笑)
そこにメスを入れなければ、高所得世帯なのに老後は苦しい生活・・・になってしまいます。

そして、共働きで収入が多いから何とかなるという希望的観測が本当にそうなのか?
確認することが必要です。
これには、ライフプラン作成が有効です。
みなさんの生きたい人生に、どのくらいのお金がかかるのか?貯める必要があるのか?を計るツールです。
最初は、あまり夢を盛り込まずに作ることが超重要です。
たぶん、ほとんどの人は夢を盛り込まなくても、

教育費
住宅ローン
老後資金

の人生の3大資金を捻出するのがいかに大変か、すぐにわかるからです。

まずは、夢ではなく希望レベルで人生設計を作りましょう。

夢=適うかどうかわからない、ちょっと手が届かなさそうだけど、実現できたらいいな~と思うこと
希望=具体的にはまだわからないけれど、おそらく実現できるのではないか?(実現したい)と考えていること

自分でライフプランを作ることもできますが
99%の方は、作成が難しい、甘すぎるプランになってしまう可能性があるので
自分に合った信頼できるFPにご相談ください。
その際の注意点としては
① 全体の把握、バランスを診れるFPを選ぶ
② 商品販売ではなく、人生設計を真剣に考えてくれるFPを選ぶ
です。

そこまではちょっと・・・・と二の足を踏んでいる方は
まずはお勉強からどうぞ。

2019年 春のお金の教室

詳しくはコチラ
https://fukuentai.com/okanenochishiki/

日時:2019年3月10日(日)13:30~16:30
3月24日(日)13:30~16:30
4月 7日(日) 13:30~16:30
4月21日(日)13:30~16:30
受講料:17,280円(単発受講は1回5,400円)
講師:小林布紀子
会場:札幌エルプラザ
住所:札幌市北区北8条西3丁目
お申し込みはコチラ↓
https://ssl.form-mailer.jp/fms/bd4c5703377686

ライフプラン(人生設計・予算立て)・保険・ローン・貯蓄・資産運用・家計決算の基礎から総合的に学ぶことができます。
難しい金融用語や具体的な金融商品の話ではなく、まずはお金に関する原理原則を学ぶことで、 変化が激しい時代にも対応する「わが家の家計の考え方や対処方法」を手に入れることができ ます。
無駄なく自分に合った金融商品選びをするためにも、金融の原理原則・考え方を先に 知っておくことが肝心なのです。
「家計を見直す第一歩」として、「お金のことに自信がない」と思う方、全ての人に受講して いただきたい講座です。
以前に「お金の教室」を受講した方も、時代の「変化」とマネー バランスの「進化」を感じていただける内容になっ
ていますので、復習とブラッシュアップに いらしてくださいね。


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-まりりん, ライフプラン・家計

Copyright© なないろ福円隊|札幌 , 2018 All Rights Reserved.