やの 教育費

教育費子ども1人満期320万円で足りない!?大学までに貯める3つのコツ

更新日:

「子どもの教育費の総額がこんなに大きいとは思わなかった」「全然足りない・・・」「子どもが小さいうちから計画的に準備しておけばよかった・・・」大学生と高校生の子どもがいる友人のつぶやきです。

彼は年収が1000万円ちかくありますが、教育費が足りないため、貯金を取り崩しつつ奥さんも働いています。現在、東京の私立大学の文系に進学した長男に学費と下宿代を含めた生活費で年間総額およそ250万円。私立高校に通う次男は学費に塾の費用も含め年間総額100万円です。次男が大学進学した時のことや、住宅ローンを返済のことも考えるとストレスは大きいようです。

なんとかなると思っていたが・・・教育費が足りない

なんとかなると思っていたが子どもが大学に進学したときに教育費が足りないケースは決して珍しいことではありません。年収が高いから大丈夫ではなく、むしろ年収が1000万円ある世帯でおこりうるケースでもあります。

子どもが小学校や、中学校の時に塾や習い事の費用がかかり、大学進学時に必要な教育費を貯めることができず結果足りないのです。子どもの教育費で家計破綻・奨学金地獄・・・聞きたくないけれど行き当たりばったりではどの家庭でも可能性のあることです。

教育費も、将来他に必要なお金も足りない

  • 小、中、高での、塾や習い事の支出が多く、大学の学費が足りない。
  • 子どもの教育費の負担が大きく、住宅ローンの返済が足りない。
  • 子どもの教育費はなんとかなったが、自分たちの老後資金が足りない、準備する時間も足りない。
  • 子どもが大学を卒業しても、奨学金や教育ローンが子どもと親に重くのしかかり老後資金が足りない。

子どもの教育費は総額で考えると、住宅資金や老後資金と並んで金額がとても大きいです。何も対策をしなければ親の収入によらず足りない可能性は高いのです。なんとか教育費は準備できたとしても、住宅資金や老後資金が足りないのです。

教育費、なんとかなった昔と足りない今

親自身が学生だった時代(30年前の子育て環境)と今の時代は子育て環境は大きく変わっています。給料は上がりづらく、社会保障や税の負担額が増え、実際の平均世帯所得が減少しています。一方、少子化の影響でこれからも子どもの教育費は更に上昇する可能性があり、教育費が足りないケースは増えています。

今後、家計に占める子どもの教育費の負担の割合はより一層大きくなっていくことが予想されます。「自分の親はなんとかなったから」「自分の周りがそうしているから」「みんなはやってないから」。それでは教育費も含めた将来必要なお金が足りない時代になってきています。

このままでは足りない教育費、準備する5つのポイント!

このままでは足りない教育費をどうやって準備していけばいいのでしょうか?将来必要な教育費を準備するポイントは5つです。

  1. 教育費の総額はいくらか、このままではいくら足りないかを把握する。
  2. 教育費も含め生活費、住宅費用や老後資金も含めてトータルで把握する。
  3. 教育費をどう準備するか計画をたてる。
  4. 計画通りに準備できているか定期的に確認する。
  5. 子どもが小さいうちから準備する。

①教育費の総額はいくらか、このままではいくら足りないか把握する。

進路によってかかる教育費の総額は違います。

  • 公立か私立か
  • 文系か理系か
  • 自宅通学か下宿か

子どもが選択する進路で「いくら教育費が必要か」「このままではいくら教育費が足りないか」知らないことには準備もできません。まずは知ることから始めましょう。

②教育費も含め生活費、住宅費用や老後資金も含めてトータルで把握する。

将来「何に」「いつ」「いくら」お金が必要になってくるかを把握しましょう。子どもの教育費を準備するときに忘れてはならないのは家族の将来に必要なのは教育費だけではないということです。教育費だけ準備できて他に必要なお金が足りないと困りますよね。人生の支出をトータルで考えることが人生設計(ライフプラン)です。人生設計(ライフプラン)をすることで、現実的に準備できる教育費の金額や準備できる時期(貯めることができる時)は限られていることに気づくことができます。

③教育費をどう準備するか計画をたてる。

家庭によって「収入」「支出」「資産(貯蓄額)」は違います。子育てや教育に対する価値観も違います。親として可能な限り教育費を出したいという家庭もあれば、親として一定金額までは出すが、足りない教育費は本人が考えてアルバイトや奨学金で準備させようと考えている家庭もあります。家庭によって準備の仕方、計画は違います。

④計画通りに準備できいるか定期的に確認する。

計画は立てただけでは準備はできません。計画通り準備ができているか確認します。計画を立てても経済環境や制度、家族をとりまく環境は変わっていきます。定期的に確認することで計画通りでも教育費が足りないことが確認できればそのような変化に柔軟に対応しながら準備していくことができます。

⑤子どもが小さいうちから準備する。

  • 100万円を1年で準備する。
  • 100万円を10年で準備する。

どちらが現実的に余裕をもって準備することができるでしょうか?「子供は小さいし、まだ先の話だから」と先送りせず、時間を味方につけて早く準備を始めることで余裕をもって準備することができます。

ライフプランや資金計画を作ると、子どもが小学生の時期に準備を始めないと中学、高校と子どもが成長するにつれ支出は大きくなり、教育費(大学)を準備する余裕はなく足りなくなることがよく分かります。子どもの夢や目標に親として応えたいという気持ちは分かります。しかし、教育費は聖域とばかり、無計画に教育費にお金を注ぎ込むことは老後資金が足りないなど後の人生に必ずシワ寄せがきます。そうならないためにも教育費の準備はできるだけ早く子どもが小さいうちから始めることをお薦めします。

足りない教育費を準備する5つのポイントが学べる講座

「教育費・住宅資金・老後資金など必要なお金を準備してゆとりのあるゆたかな人生を実現したい」そう思っている皆さん。「甘くない!教育費の話セミナー」で備え方とその考え方を学び、直ぐに教育費の準備を始めませんか。一緒に学びましょう!

甘くない子どもの教育費の話!

~まだ間に合う!家計改善の5つのポイント!~

日時:2019年4月21日(日)10:00-12:00

受講料:3000円

講師:矢野智章

会場:札幌エルプラザ


  • この記事を書いた人
  • 最新記事

-やの, 教育費

Copyright© なないろ福円隊|札幌 , 2019 All Rights Reserved.